夢よ、甦れ - 下谷竹三

下谷竹三

Add: lakobu26 - Date: 2020-11-28 03:40:26 - Views: 3310 - Clicks: 1565

三楽章(牧野秀紀) そこは狂った夢の淵 "みらく あきら"。 優しくて少し低めの声。リップ音がじゅぶじゅぶ----- 村上たつや(武内健) ふたりの秘密、LoveTranquilizer、わるまほ、灰かぶり 少し癖のある声。灰かぶりの声が高め。. 下谷竹剣稲荷: 大元宮: 大岡越前6: 千両富は俺のもの! 1982/5/3: 富岡八幡宮: 竹中稲荷: 銭形平次: 無言の叫び: 1982/6/2: 神社境内: 竹中稲荷、大元宮下坂: 遠山の金さん: この男、鬼と呼ばれて七百十日! 1982/6/24: 江戸市中: 竹中稲荷: 遠山の金さん: 母恋し!緋. 天保9年(1838年) 初めての詩集『房山集』を刊行。序文は菊池五山、塩田随斎、題詞は宮沢雲山、梁川星巌。 6. (以下明治5年までは旧暦) 1. 2 。 ページと大きさ 。 182p/20cm 。 件名 。 教育 。 分類 。 ndc8 版:370. 63 大 藤 三 暉( 向 陽 ) 藤田 浩之( 島中央) 92 64 粟 戸 雅 己( 島中央) 田川 壮太( 大 村神 原 大 樹( 日 大 ) 松尾 涼介( 長崎北) 90 62 増 田 恭 久( 島 原 ) 中村 陽希( 西 陵安田 圭太朗( 長崎東) 竹廣 悠一郎( 海 星 ) 88. 明治8年(1875年) 『下谷吟社詩 三巻』刊行。 明治11年( 1878年 ) 『江戸名勝詩』刊行。 『江戸夢華詩』(沖冠嶺編輯 植村蘆洲節物詩と江戸名勝詩の合本 出板人中嶋清兵衛)刊行。. See full list on wpedia.

【tsutaya オンラインショッピング】夢よ、甦れ/下谷竹三 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画や. 【定価86%off】 中古価格¥200(税込) 【¥1,294おトク!】 夢よ、甦れもう一つの学ぶ道/下谷竹三(著者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 、夢 む 多 だ 画 尽え つくし の濫 はじ 觴まり 是也。 竹の一心八画法、辶の遊魚三節書法は書と画による文字絵である。 遣唐副使に任ぜられたが、大使の藤原常きあかすための三十一文字にすぎない。.

〈『きゝのまにまに』「今年(文化十二年)牽牛花流行出、是は下谷御徒町通ニ大番与力ニて、谷七左衛門といふ人の母、草花植作る事上手ニて(中略) 朝貌を多く植て、種々の花出来たるを、細き竹に多く切かけをなし、水を入れ、朝貌の異花を一輪つゝ. 全二十席の人情噺(世話噺)を、彦六の正蔵が六話にまとめ、この口演は1975年、正蔵80歳の時の録音です。 彦六の弟子の林家正雀、五街道雲助、蜃気楼龍玉が持ちネタにしています。 大圓朝が二十代の頃に作った噺で「忍岡義賊の隠家」を「やまと新聞」への連載を期に改題して「緑林門松竹」(みどりのはやしかどのまつたけ)。 新吉は全体から見れば物語の前半の主人公で、中盤から後半は毒薬を手に入れたお関がまた人を殺しまくるといういうなんとも救いようのない悪人ばかりです。 噺に出て来る「蒼白譽石」(そうはくよせき)は、酸化ヒ素のことで、強い毒性があり、医療用には腫瘍や皮膚病の治療に使われた他、害虫や鼠の駆除にも使われていました。 圓朝の速記本ではただ「毒」とされていましたが、後年に毒名を明らかにすることで怖さを付け加えたのだろうと思います。同じヒ素系で「石見銀山」も猫いらずのねずみ取りとして有名でしたが「譽石」(よせき)のほうが怖い気がします。 また、新助が「風眼」で失明したというくだりがありますが、淋菌性結膜炎のことで淋病の菌が眼に入って起こり、膿が止まらず角膜が侵されて失明に至る性病の一種として、同時は梅毒と並んで恐れられていました。. 根津七軒町に山木秀永(やまぎしえい)という医者がいて、大層繁盛しております。 この下男で田舎から出てきた新助という無愛想な飯炊男を伴に木場の近江屋に向かいます。 両国広小路にかかったところで、秀永は新助に鼻紙を買って来いと言いつけます。 新助は自分を巻こうということかと思って秀永の行先を見ておりましたが、弁天の路地を曲がったところで見失います。 ある家で話し声がするので塀の節穴を覗きますと、秀永が「伴を巻くのに苦労した」などと話しています。 妙齢の女と一緒に座敷へ上がって、子供の具合はどうだと聞く秀永。新助は子供も作っていたのかと思いながら見ていますと、秀永に気づかれて入って来いと言われます。 女はおすわと名乗ります。新助は気を利かせて「今から帰って御新造さんには木場の近江屋さんに行ってご馳走になり、先生は碁が始まったので今日は帰らない」と伝えると言います。 秀永は新助に口止め料だと一分を渡しますと、新助は「家には毒薬はあるか」と聞きます。 秀永は、蒼白譽石(そうはくよせき)という恐ろしい毒があり、耳かき一杯で人は七穴から血を履いて死ぬと答えますと、 新助はこの間薬味箪笥で木の皮のようなものを見つけて噛んでみたら甘いのでみな食べたらのぼせて鼻血が出たと言います。 それは肉桂だ。毒は錠をかけてあるので大丈夫だが、薬の中には毒になるものもあるからやたらに薬箪笥をかきまわしてはいけないと言います。 新助が家に帰り、秀永の女房に、旦那は本所の弁天の脇に女を囲っており、赤子もできた。今の女房を追い出したいが自分は養子、蒼白譽石の毒薬を三度三度の飯に少しずつ入れているので女房が死ぬまで待てと言っているのを聞いた。すぐに逃げ出して、自分の在所にでも来たほうがよいと勧めます。 これを聞いた女房、新助に感謝し、家に未練はないがその前に妾の家に行って秀永に恨み言をぶちまけやると泣きます。 新助が案内をすると言い、蒼白譽石の毒を持って行って秀永に見せたら自分に渡してくれ。こんな毒があるから人を殺そうという了見になる。川へ持って行って捨ててしまうと言って毒を取り出させます。 三味線堀にかかりますと大名屋敷が並び、夕暮れであたりは暗く人通りもありません。. See full list on rakugo.

【Go To Eatキャンペーン開催中】日本最大級のグルメサイト「食べログ」では、豊岡市で人気の居酒屋のお店 92件を掲載中。実際にお店で食事をしたユーザーの口コミ、写真、評価など食べログにしかない情報が満載。ランチでもディナーでも、失敗しないみんながおすすめするお店が見つかり. 新助は突然女房のたもとを掴んで、一夜の情けをと言い出します。 女房は断り、簪を抜いて身構えますと、新助はいきなり江戸言葉になり、自分は盗人で江戸にいられなくなって諸国を廻っていたのだと言い、匕首を抜いて女房を刺し殺してしまいます。 本所へ向かった新助、おすわの家の戸を叩いて秀永を呼びます。 新助は、ひさしぶりに外へ出たので、田舎者の気散じにぶらぶらと歩いてようやく家に帰ると、灯りもついていない。裏から入ると家の中の目ぼしいものが持ち出されて御新造様もいない。 自分の考えではご新造様に男でもいたのじゃないかと思う。一度七軒町のお宅まで戻ってほしいと言います。 秀永は驚き、新助と一緒に家に帰って新助に門を開けさせますと屋内は新助の言った通り散らかったまま。 急いで来たので水を一杯ほしいという秀永に新助が水を飲ませますと、秀永はにわかに苦しみだし、口から血を吐いて亡くなります。 新助は、秀永の着物を剥いで自分が着て頭巾もかぶって本所へ向かいます。 おすわの家に来た新助。おすわは秀永が来たものと思って中へ入れ、新助は座敷でおすわと酒を飲み、やがて枕を交わします。 新助が布団の上にあぐらをかいて煙草を吸っていると、赤子が泣き出し、目を覚ましたおすわが子に乳をやり、秀永は布団の上で煙草を吸うようなことはしないはずと見ると、秀永ではなく昼間に来た新助。 俺は泥棒だ。旦那を殺してこっちへ来た。枕を交わせば女房同然、俺と一緒に江戸を離れないか、嫌だと言ったら赤ん坊を殺すと迫ります。 おすわは子供を助けてくれるなら、お前の言うことを聞きますと承知をします。 二人は夜が明けるのを待って江戸を出て、八丁畷原之郷で茶店を開いて新助も真面目に働き、日々の生活に困らないほどに繁盛していました。 ある日、年寄りと若い娘の二人連れが店に来て、駕籠屋が酒手をせびって仕方がないと聞いた新助が駕籠屋を追い返します。 店に入った二人に茶を勧め、江戸から来た鳥越で手習いの師匠をしていたと聞くと、自分は安倍川町の魚屋の息子の新助で、先生に習ったと言って逗留を勧め、蒼白譽石の毒を盛って年寄りを殺します。. 竹ならば割ってみせたい私のこころ先へ届かぬ節あわせ: 小言幸兵衛: 太刀山は四十五日で今日も勝ち: 千両幟: 楽しみは春の桜に秋の月夫婦仲良く三度食う飯: たらちね: 旅の留守家にも護摩の灰がつき: 猫定. 都県名は省略〉 〝近代国画各派名家 (一段目)竹内栖鳳 川端玉泉 渡辺省亭 鈴木華邨 梶田半古 松本楓湖 尾形月耕 (二段目)荒木寛畝 鈴木松年 佐竹永湖 (三段目)熊谷直彦 今尾景年 野村文挙 三島蕉窓 竹(ママ)内桂舟 (四段目)寺崎広業 望月玉泉 村瀬. 天保15年(1844年)12月 増上寺学頭寮を出て下谷御徒町に家を借りる。 8. 4月12日(土)小さな訪問者とその保護者が陽だまりの夢里房を訪れてくれた。皆で一緒に裏山の山城跡のチェックと何か化石は出ないかと落ち葉の小道を頂上まで目指した。(頂上の一段下で夢里房を眼下にケーナを吹くcahcapさん)(一緒に歩いた可愛いcahcapさんの子供達)また遊びに来てネ.

天保6年(1835年) 江戸に帰り、父・竹渓を知る菊池五山の門を叩き、漢詩人として歩み始める。当時神田お玉ヶ池に“玉池吟社”を開いていた梁川星巌と交遊、その門人の横山(後、小野)湖山、鱸松塘とも親交を深める。 4. 『夢よ、甦れ-もう一つの学ぶ道-』を紹介しますおそらく、ほとんど知られていない本ですが、 『夢よ、甦れ』(下谷竹三著 近代文芸社 1995年2月刊 1400円)を紹介します。. 『夢よ、甦れ-もう一つの学ぶ道-』(下谷竹三 近代文芸社)なんですが、 この本は、今では、知る人ぞ知る本で、ほとんど手にすることなどありえない本なんですが。. 竹磎若年の詩詞文 ―89― いであろう。『槐南集』『春濤詩鈔』両書は、竹磎の才華と学識があってはじめて成ったと言ってもよくの前提として、綿密な校正のもとに生涯の詩業をほぼ網羅した詩集の存在という条件があることを忘れてはならな. 『夢よ、甦れ―もう一つの学びの道―』(下谷竹三著) 先日、伊東四朗のNHK「ファミリー・ヒストリー」を見て驚かされました。 その番組の最後に、兄の伊藤豊次氏の写真と弟へ寄せた新聞投稿が紹介されていたんですが.

天三 (稲荷町/天ぷら)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報. 嘉永4年(1851年) 『同人集 二編 二巻』刊行。この頃、結城の藩校で経書の講義をする。 3. 夢よ、甦れ - 下谷竹三 嘉永6年(1853年) 『詠雪詩』刊行。 4. 按摩がお関の肩を揉みながら、よく凝っている、華奢な体、お顔もさぞお美しいのでしょうなと褒め、いろいろなお客様がいらっしゃいますと夫婦喧嘩の最中に呼ばれてとばっちりを受けたなど話をしたあと、 自分は「新」と言い、江戸で生ま育っていろんな道楽や博打場出入りをし、金が入れば吉原通い、そのうちに風眼という病になって眼が見えなくなり、今の師匠に家に奉公をして覚えた揉み療治で暮らしております。と身の上話をします。 お関は、眼を開けて正体を表わせと言い、お前は新助市五郎という二つ名を持つ盗人だろうと言います。 新助は、またかのお関と聞いて安心し、眼を開けようと思えばこの通り開くが、鳥目になって夜はよく見えないのだと言いながら、お関に聞かれるままに、山木秀永や女房、子供を殺し、悪事をしつくしてきたと話します。. 安政3年(1856年)9月晦日 妻病没。三田台裏町薬王寺の大沼家の墓に葬る。戒名は積心院一乗妙道大姉。 6.

弘化4年(1847年) 妻を娶る。 9. 東京下町異色家族に生まれた著者七転八倒の人生が、学校への夢に膨らみ、志を育ててきた。 生きた教育論。 夢よ、甦れ / 下谷 竹三【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 文政10年(1827年)12月24日 父が66歳で没し、大沼家は叔父・次郎右衛門(竹渓弟 号杉井)が継ぎ、枕山は尾張国丹羽郡丹羽村の叔父・鷲津松隠(竹渓弟)の家塾有隣舎に寄寓しここで学んだ。有隣舎には明治の詩壇で活躍した森春濤、松隠亡き後に鷲津家を継いだ益斎の息・鷲津毅堂(永井荷風の母方の祖父)が居り共に学んだ。 3. 安政2年(1855年)『同人集 三編 二巻(服部孝編、大沼枕山批判)』刊行。10月2日安政の江戸大地震勃発。いち早く長詩「地震行」を出版し、震災の惨状と民の救済を訴える。 5. 10月∶兄弟子三笑亭夢楽門下に移籍。 1969年10月∶都家歌六とともに真打昇進。初代浮世亭写楽と改名。 1992年10月∶9代目三笑亭可楽を襲名。 人物. 江戸時代初期、平沢一本松、南町会下谷を経て、三春藩主松下長綱の時代(1628~1644)に現在地に移転した。 本尊は木造釈迦牟尼仏である。 現在の本堂は文化13(1816)年から6年かけて完成したもので、豪壮華麗な建造物である。.

天保8年(1837年) 房州を旅し詩作。 5. お関の家に住み込むことになった新助。子分に命じて、酒の支度をさせます。 昔の仲間の話をしながら飲む二人、博打打ちをしていたやんま九次は、自分の生まれた旗本の屋敷に金を取りに行ったが、客の剣術師範に屋敷の腹切りの場所に引きずり込まれて腹を切れと言われた。 九次は泣いて詫びて母親を呼び、母親が命乞いをして事なきを得たが、改心をするどころか剣術師範の姿が見えなくなると悪態をついたという。 新助は、今、二百両の金があるとお関に渡し、金はいくらでも手に入る、モトはこの蒼白譽石という薬だ。これも俺の手土産だと言って渡します。 酒が進んでいい気持ちになった新助、他の座敷も見せてもらおうとお関に家を案内してもらい、もとの座敷で飲み直そうと思うが酔い覚めの水がほしいとお関に頼みます。 水を飲んだ新助、胸が苦しくなったと言いますと、お関はお前のくれた蒼白譽石を水に入れた、二百両あればお前は邪魔だと言い放ち、新助は血を吐いて死んでしまいます。 二百両を持って、小僧平吉が金瓶大黒に行って花扇の身請けの話に行きますが、この二百両が偽金とわかり、捕り方から逃れてお関のもとに帰ってきますが、ここらが年貢の納め時だろうと自首をしてお裁きを受けます。. 4 。 ndc10版:370. 嘉永2年(1849年) 『枕山絶句鈔(枕山詩鈔七絶)』刊行。この年初冬、下谷御徒町三枚橋南畔に家を建て、新居を“考詩閣”と名づけ詩社(下谷吟社)を開く。 1. 幕府の小吏であったが、竹渓と号し詩をよくした。 その拝領屋敷は下谷 御徒町 にあった。 文政 10年( 1827年 )12月24日 父が66歳で没し、大沼家は叔父・次郎右衛門(竹渓弟 号杉井)が継ぎ、枕山は 尾張国 丹羽郡 丹羽村の叔父・鷲津松隠(竹渓弟)の家塾.

大島郡周防大島町三ケ浦(西方を除く) 大島郡周防大島町大字西方::: 4030:森野: 田中 八重子: 大島郡周防大島町大字神浦 大島郡周防大島町大字地家室 大島郡周防大島町大字地家室佐連 大島郡周防大島町大字西方大積 大島郡周防大島町. 4 。 ndc9 版:370. 下谷竹三著『百万本のクロッカスを』を読む この本を知る人は、ごくごく限られていると思うんですが。 私の中学時代の恩師が、1998年に、現役を退職した後に書いていた本です。.

夢よ、甦れ 。 外部サイトで調べる: 副書名 。 もう一つの学ぶ道 。 著者名等 。 下谷 竹三/著 。 出版者 。 近代文芸社/東京 。 出版年 。 1995. 西宮警察署 地図・詳細 〒兵庫県西宮市津田町3-3: tel:fax:【車庫証明の管轄区域】 西宮市 (あ行)相生町、青木町、青葉台、朝凪町、芦原町、愛宕山、荒戎町、荒木町、池田町、石在町、石刎町、泉町、一ケ谷町、市庭町、一里山町、今在家町、今津曙町、今津大. 江戸の叔母のところへ帰るという娘を駕籠に乗せ、源次という悪仲間をつけて送り出した新助。 女房になったおすわが、新助が毒を盛って殺したと聞いて、何故自分の師匠を手に掛けたのかと聞きますと、俺に考えがあったからだ。娘の行き先は叔母の家ではなく、吉原だ。あの器量ならいい見世から引合があるだろうと笑います。 お前は人間じゃない、師匠も恨んでいるだろうと言うおすわですが、新助は相手にしません。 そこへ帰ってきた源次。女衒も喜んで二百両を寄越したと報告しますと源次に百両を渡し、一緒に飲みに行こうと誘って出かけます。 その夜、おすわが寝ている子供を起こし、話して聞かせることがあると切り出します。 お前の今のお父っつぁんは本当の親ではなく、七軒町で医者をしていた山木秀永。息子のお前に一字をとって永太という名前にした。 秀永を殺したのが今のお父っつあん。いわば親の仇。お前が成長していつかは仇を討ってもらいたい。しかし、悪いことばかりをしているからいつお縄になるかも知れない。お前も五つになったのだから自分が手伝いをするので、酔って帰ってきて寝たところを秀永の形見の脇差しで仇討ちをしようと話します。 帰ってきた新助が寝てしまいますと、子供を呼んで脇差を持たせ、喉笛を掻き切るのだと教えて新助の枕元へ。.

天保11年(1840年) 『枕山詠物詩』刊行。この年の暮れ、芝増上寺学頭寮の梅癡上人のもとに寄寓。 7. 二人が脇差しを持って突き刺そうとしたところ、新助が寝返りをうって脇差しは畳を通して根田まで刺さってしまいます。 起きた新助、よくも俺の寝首を掻こうとしたなと言い、子供に何でも買ってやろからと言って刀を持ってこさせ、子供とおすわを斬り殺します。 そこへ戸を叩いて源次が飛び込んできます。行灯に火を入れて二人の死骸をみつけて驚きますが、新助は俺を仇と狙ってきたので斬ったが気にすることはないと言い、お前の慌てているのは何だと聞きます。 源次は本所からの捕り方が二十人ばかり集まって新助を捕まえにきたから早く逃げろと言います。 源次にむすびを作らせ、旅支度を済ませた新助は、赤城山に逃げるからはぐれたら荒神の入り口で待っていろと言って源次を裏口から出します。 雨戸を開けて出ようとした源次を捕り方が囲みますが、源次は道中差しを抜いて振り回して逃げ、新助も表から出て捕り方を振り切って闇にまぎれて逃げてしまいます。 回り回って江戸へ帰った新助、悪仲間の按摩 幸治のところへ世話になり、流しの按摩として暮らしだします。 話変わって、車坂に安倍晴明堂という易の家があり、主人は二十六・七の器量のよい大年増。 客の手相を見ながらニコリと笑うの見たさに多くの男が通っております。 この女主人、「またかのお関」といい、器量はよいが若い頃から手癖が悪く、女郎屋に身を沈めたがお客の枕探しを繰り返し、主人も呆れて証文をまいて年季をあけさせたという莫連者。 体一面におろちの彫り物をして、強請り、騙り、美人局をして今の易所を開いて表向きは堅気で暮らしています。 お関の亭主は、下谷界隈の巾着切り(スリ)の大親分で体一面に桜の彫り物をしていることから「小桜平吉」、成りが小さいので「小僧平吉」とも呼ばれている悪党。 平吉は、金沢屋の若旦那が惚れ込んだ吉原金瓶大黒の花扇花魁の身請けに二百両いるがどうしたものかと話すと、お関は金は天下の回りもの、心配することはない、二階で子分達と手慰みでもしておいでと言います。 そこへ按摩の笛の値が聞こえたので、お関は子分に命じて呼び入れ、按摩はお関の肩を揉みはじめます。. 安政6年(1859年)初秋 『枕山詩鈔初編 三巻』を刊行(. 文化15年(1818年)3月19日 生まれる。父は、大沼次右衛門。幕府の小吏であったが、竹渓と号し詩をよくした。その拝領屋敷は下谷御徒町にあった。 2. 【Go To Eatキャンペーン開催中】日本最大級のグルメサイト「食べログ」では、豊岡市で人気のかに (蟹)のお店 25件を掲載中。実際にお店で食事をしたユーザーの口コミ、写真、評価など食べログにしかない情報が満載。ランチでもディナーでも、失敗しないみんながおすすめするお店が見つかり. Pontaポイント使えます! | 夢よ、甦れ もう一つの学ぶ道 | 下谷竹三 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!.

天正二年(1574)―明暦三年(1657年)。 大村純忠五女、松浦久信正室。 松浦隆信・松浦信清の母。 メンシアは、天正二年に、肥前南部の大名大村純忠の五女として、生まれた。場所柄もあり、彼女の父純忠は、永禄六年にキリスト教徒となり、「ドン・バルトロメウ」の教名を受け、日本最初. /01/23 - このピンは、Uwota Amanさんが見つけました。あなたも Pinterest で自分だけのピンを見つけて保存しましょう!. 安政4年(1857年) 信州を遊歴。この年、叔父・杉井のなかだちで蔵前の札差・太田嘉兵衛の娘・梅(天保4年(1833年)6月6日生まれ)を後妻として迎える。 7.

江戸へ奉公にでていた山形庄内出身の女中「於竹」は、羽黒山へ参詣する行者の夢のお告げにより、「生きた大日如来である。 」とされました。 於竹の没後、奉公先の夫婦は於竹の等身大の大日如来を作り供養しました。. 豊岡市竹野町金 原・坊岡 金・銀 8世紀に発見。1949年閉山。日本鉱業㈱ 銅山鉱山 豊岡市竹野町銅 山字金谷 銅 大山鉱山 豊岡市竹野町三 原字大山 銅 椒の段金山 豊岡市竹野町椒 (旧城崎郡) 金 1614年(慶長19)発見? 聖長鉱山 養父市八鹿町 ロウ石 操業中。. <於竹大日如来とは> 江戸へ奉公にでていた山形庄内出身の女中「於竹」は、羽黒山へ参詣する行者の夢のお告げにより、「生きた大日如来である。」とされました。 於竹の没後、奉公先の夫婦は於竹の等身大の大日如来を作り供養しました。 「於竹大日如来」は、江戸庶民の間で一大ブーム.

夢よ、甦れ - 下谷竹三

email: umubuni@gmail.com - phone:(227) 557-8214 x 4273

浜松市天竜区1(天竜・春野・龍山) A4 2013.5 - 運動と指導 松本格之祐

-> ひたちなか市 2009
-> 沖縄から見た平和憲法 - 高良鉄美

夢よ、甦れ - 下谷竹三 - 野外でカレー作りに挑戦 はじめてのファミリーキャンプ


Sitemap 1

DC資格取得のための確定拠出年金講座 2 - 日興フィナンシャル・インテリジェンス株式 - くもんの算数集中学習 計算にぐーんと強くなる